【遊戯王 高騰】『ガーデン・ローズ・メイデン』六花の影響で高騰中!!買取相場は500円越えが当たり前に!

皆さんこんにちは!

今回は『ガーデン・ローズ・メイデン』についてご紹介します!

『デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ』にて収録された「六花」に使うシンクロモンスターとして現在人気を博しているようです。

2018年11月10日発売の『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-』にて収録されたそこまで古くないシンクロモンスターとなっています。

「六花」との相性が良い効果とはどのようなものなのでしょうか?!

早速見ていきましょう!


基本情報

ガーデン・ローズ・メイデン

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻1600/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

レベル5の植物族シンクロモンスターとなっています。

チューナーやそれ以外のカードに対する制限がないため、かなり出しやすいカードとなっています。

「六花」デッキはエクシーズが主軸ですが、レベルを変えることが可能なので、『エフェクト・ヴェーラー』や『灰流うらら』などの汎用チューナーを使用するなどして、デッキを圧迫することなく召喚可能です。

(1)の効果では特殊召喚成功時にデッキ・墓地から『ブラック・ガーデン』をサーチ・サルベージできます。

『ブラック・ガーデン』は植物族デッキにはかなり重要なフィールド魔法となっているので『ガーデン・ローズ・メイデン』とセットでデッキに入れておきましょう。

さらに、「特殊召喚成功時に」ですので、墓地から『ガーデン・ローズ・メイデン』を特殊召喚した場合でも発動できる点も評価は高いです。

(2)の効果では、墓地の『ガーデン・ローズ・メイデン』を除外することで「ローズ・ドラゴン」モンスターかドラゴン族Sモンスター1体を特殊召喚できます。

ブラック・ローズ・ドラゴン』『月華竜 ブラックローズ』などが特におすすめです。

『ガーデン・ローズ・メイデン』を素材に、『ブラック・ローズ・ドラゴン』をS召喚し、『ブラック・ローズ・ドラゴン』の全体除去効果を使用します。

墓地に送られた『ブラック・ローズ・ドラゴン』を『ガーデン・ローズ・メイデン』の(2)の効果によって蘇生します。

これにより、フィールドに『ブラック・ローズ・ドラゴン』だけ存在する盤面が完成するという感じです。

これはあくまで1例ですが、このように自身をシンクロ素材にしたりして展開に幅を持たせられることができるのがこのカードの強みです。

『ガーデン・ローズ・メイデン』自体は破壊効果や防御効果を持っていないため、早めに展開の素材として墓地に送った方が良いです。

さて、そのような『ガーデン・ローズ・メイデン』の相場はどのようになっているのでしょうか。

早速見ていきましょう!


相場情報

ツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました。

↑ ウルトラ…600円

↑ ウルトラ…600円

↑ ウルトラ…500円

 

↑ ウルトラ…450円

 

↑ ウルトラ…600円

相場は450~600円となっています。

平均相場は600円程度となっているようです。

ここ最近でかなり価格が延びていますのでお早めの購入を!


まとめ・考察

今回は『ガーデン・ローズ・メイデン』についてご紹介しました!

平均相場は600円程度となっています。

最近価格が急上昇中でこれからの相場も気になるところです!

特殊召喚時の『ブラック・ガーデン』のサーチと墓地で発動する他のシンクロモンスターの特殊召喚が強さとなっているようです。

妨害効果や防御効果を持っていないので場持ちはよろしくないので、できるだけ展開に使っていきたいカードとなっています。

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします!

最新情報はツイートしていきますので、ツイッターのフォローもよろしくお願いします!

それでは次回お会いしましょう!