【遊戯王 相場情報まとめ】汎用リンクモンスター10選!最新相場情報とともに徹底解説!!遊戯王初心者必見!

皆さんこんにちは!

今回は、採用率の高い汎用リンクモンスター10枚の相場やカードの情報についてご紹介します!

リンクモンスターが登場してもう3年が経過しました。

リンクが非常に重要な現在のマスタールールも今月をもって終了となります。

しかし、新しいマスタールールでもリンクモンスターが必要であることは変わらないでしょう。

特に、汎用性の高いリンクモンスターはどのデッキにも優位に働きますから、来期も期待できます。

デュエルリンクスやルール改定で遊戯王を再開しようと思っている方は特に見てほしい記事となっています!

是非、相場情報やカード情報をチェックしてデッキ採用をしていきましょう!


汎用リンクモンスター

リンク素材にかけられる制限が低く、どのデッキでも効果を存分に発揮できるモンスターを『汎用リンクモンスター』として扱っています。

相場はツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました。

カード名
相場
効果
カード詳細

上記の順番で説明していきます。


リンクリボー

全レアリティ……200~300円

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル1モンスター1体でのみリンク召喚ができます。

トークンはレベル1のものが多いため、トークンからのリンクが一番楽だと思われます。

また、今人気の「SPYRAL」デッキの場合は、レベル1モンスターが主軸となっているのでさらに出しやすいです。

(1)の効果は自身をリリースすることで相手モンスターの攻撃力を0にするものです。

(2)の効果では自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースすることで墓地から特殊召喚できるものです。

この効果は相手ターンでも使用できるので、(1)の効果を2回使用することもできます。

攻撃を防ぐために墓地にいても活躍できるカードとなっています。


ヴァレルソード・ドラゴン

ウルトラレア,スーパーレア……900~1300円
シークレットレア……2800円

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/左下/下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、
そのモンスターの攻撃力は半分になる。

効果モンスター3体以上でリンク召喚できるリンク4のモンスターです。

リンク2のリンクモンスター×1体と効果モンスター×2体で出すのが一番少ないモンスターのリリース数ですみます。

(1)の効果によって戦闘で破壊されません。

元々攻撃力が3000あるのでこれを超えるカード自体少ないですが、あって損はない効果です。

(2)の効果では相手フィールドのモンスターを守備表示にして攻撃回数を2回に増やすというものです。

自分のターンでは守備力が3000より低いモンスターに使い、攻撃回数を増やすと相手フィールドのモンスターを除去できる量が増やせるので良いでしょう。

相手ターンでもこの効果は使えますが、その場合は攻撃力が3000より低いモンスターに使うことで、攻撃を防ぎましょう。

(3)の効果で、表側表示モンスターに攻撃宣言をした場合に、そのカードの攻撃力を半分にし、その分自身の攻撃力がアップします。

自分のターンと相手ターンのバトルフェイズにおいて優位になる効果を兼ね備えています。


ヴァレルロード・ドラゴン

ノーマルパラレル,ウルトラレア……50~200円
シークレットレア……1500円

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

こちらも『ヴァレルソード・ドラゴン』と同じリンク条件とリンクマーカーの数となっています。

(1)の効果によってモンスター効果の対象になりません。

攻撃力が高く効果耐性もついているので『ヴァレルソード・ドラゴン』よりは単純な場もちは良いです。

(2)の効果では攻撃力・守備力を下げる効果となっているのですが、この攻撃力を変動させる効果だけを見ると『ヴァレルソード・ドラゴン』のほうが強いでしょう。

(3)の効果では、相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に相手モンスターのコントロールを得て、次のターンのエンドフェイズ時に墓地に送れます。

自身よりも強い攻撃力を持つモンスターに使えば、自分がコントロールできるだけでなく、破壊もできる一石二鳥な効果です。

コントロール先をリンクモンスターにすれば、別のリンクモンスターの素材にできるなど展開の幅も増える非常に強いカードとなっています。


トロイメア・フェニックス

レア……100~200円
スーパーレア…...1500~2000円

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/悪魔族/攻1900
【リンクマーカー:上/右】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。

カード名の異なるモンスター2体でリンク召喚を行える超汎用性の高くコスパの良いカードとなっています。

(1)の効果によってリンク召喚時に手札を1枚切って魔法・罠を破壊でき、相互リンク状態だった場合には1ドローできます。

(2)の効果では相互リンク状態の場合は戦闘で破壊されないという効果ですので、リンクを多用したい方にもおすすめです

『トロイメア・フェニックス』についての詳しい情報は↓こちらからどうぞ!

【遊戯王 高騰】『トロイメア・ユニコーン』『トロイメア・フェニックス』高騰中!!デッキ採用率アップが影響か。


トロイメア・ユニコーン

スーパーレア……400~700円
シークレットレア……1000円

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、
フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、
その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

こちらもリンク素材が「カード名が異なるモンスター2体以上」ですので、出しやすさは非常に高いですが、リンク3ですのでそこだけは注意しましょう。

また、『トロイメア・フェニックス』の効果を使った後、攻撃で破壊される前にリンク素材で別のモンスターを出したいというときでも簡単に出せます。

(1)の効果はリンク召喚時に手札を1枚切って、フィールドのカードを一枚デッキにバウンスします。

こちらも相互リンク状態の場合は1ドローできます。

この効果は『トロイメア・フェニックス』と違い、カードであるため選択の幅が広く、バウンスであるためEXデッキから特殊召喚されたモンスターに強い効果を発揮します。

(2)の効果では相互リンク状態の「トロイメア」でなければ発動できないので少し使いにくいです。

通常ドローの枚数を増やしたいという場合には別の「トロイメア」リンクモンスターも場に置いておきましょう。

『トロイメア・ユニコーン』についての詳しい情報は↓こちらからどうぞ!

【遊戯王 高騰】『トロイメア・ユニコーン』『トロイメア・フェニックス』高騰中!!デッキ採用率アップが影響か。


I:Pマスカレーナ

スーパーレア……1000~1500円
シークレット……3000円程度

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

リンクモンスター以外のモンスター2体でリンク召喚できるリンク2屈指の汎用カードです!

(1)の効果では相手ターンに自身をリンク素材にしてリンク召喚できます。

リンクモンスターには、リンク召喚成功時に発動する効果も多いですので、相手ターンにリンク召喚を行うことで除去や展開効果を使用することができます。

『トロイメア・ユニコーン』はリンク召喚すれば、相手ターンに相手フィールドのカードをバウンスできます。

さらに、(2)の効果によって効果での破壊耐性がつくので『ヴァレルソード・ドラゴン』などのすでに戦闘耐性がついているカードをさらに破壊しにくくすることも可能です。

現在デッキ採用率の一番高いリンク2モンスターと言っても過言ではないカードとなっています。


捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

ウルトラレア……1500~200円
シークレットレア……5000円~5500円

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

このカードは今回紹介する10枚のカードの中でも少し違った傾向のカードとなります。

まず、リンク召喚は非常にしやすく、効果モンスター2体で行えます。

効果は、破壊や除去ではなく完全に展開向けの効果です。

(1)の効果ではフィールドのモンスターを闇属性にすることで、超融合などで相手フィールドのモンスターを融合素材にして「捕食植物」融合モンスターを出すことができます。

(2)の効果では、2000LP払うことでデッキにある「融合」「フュージョン」カードの効果と同じにすることができます。

これにより『超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ』を簡単に特殊召喚できるため、現在採用率が非常に高くなっています。

『捕食植物ヴェルテ・アナコンダ』詳しい情報は↓こちらの記事をチェックしてください!

【遊戯王 高騰】捕食植物ヴェルテ・アナコンダが高騰中!!これから買取額が下がっていく可能性は高い?!


水晶機巧-ハリファイバー

シークレットレア……200円
それ以外のレアリティ……50円

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

チューナー1体を含むモンスター2体でリンク召喚が可能です。

リンク召喚時にデッキ・手札からレベル3以下のチューナーを守備表示で特殊召喚できます。

シンクロ召喚をするデッキには必須といえるカードとなっています。

また、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにはEXデッキのシンクロチューナーをシンクロ召喚扱いで特殊召喚できます。

シンクロチューナーには相手ターンでのシンクロ召喚を可能にするモンスターが多いので、相手ターンでの展開に役に立つカードとなっています。


召命の神弓-アポロウーサ

ウルトラレア……200~400円

リンク・効果モンスター
リンク4/風属性/天使族/攻 ?
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上
(1):「召命の神弓-アポロウーサ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×800になる。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。

トークン以外のカード名が異なるモンスター2体以上でリンク召喚可能なリンク4のモンスターです。

リンクの合計が4になるように違う名前のモンスターを場にそろえればいいので、リンクを多用するデッキでは出しやすいカードとなっています。

(2)の効果でリンク素材のモンスターの数×800の攻撃力になります。

(3)の効果によって、攻撃力を-800ずつ減らすことによって相手の効果の発動を無効にします。

効果を使用できる回数は2回以上でリンク素材の数だけ効果を無効にできるので、最大4回無効にできます。

また、ターン1制限がないため、攻撃力さえあればいくらでも効果を無効にできます。

しかし、効果を使うだけ攻撃力は減っていくので使う量やタイミングには注意が必要です。


双穹の騎士アストラム

ウルトラレア……300~500円
シークレットレア……1000円

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):リンク召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上でリンク召喚できるリンク4のモンスターとなっています。

リンク素材の制限は厳しいですが、その分効果はかなり強力になります。

(1)の効果では相手の効果の対象にならず、相手が他のモンスターを攻撃対象に選択できないというものです。

攻撃力3000以上のモンスターか「壊獣」モンスター、『サンダー・ボルト』など対象をとらないカードでしか破壊はできません。

さらに、(2)の効果によって攻撃力が3000以上でも特殊召喚されたモンスターだった場合は、自身が相手モンスターの攻撃力分アップするので太刀打ちできません。

このような強固な破壊耐性と攻撃力を兼ね備えているので、一度フィールドに出てしまえば対応に厄介なカードとなっています。

(3)の効果は、相手により墓地に送られた場合に、フィールドのカードをデッキにバウンスできます。

墓地に送られてもなお、相手への妨害を怠らない強力なリンクモンスターとなっています。


まとめ・考察

今回は、『汎用リンクモンスター10選!』ということで、相場とカードの解説をご紹介しました!

他にも各族性デッキに強いリンクモンスターなど様々なリンクモンスターが存在するのでまた機会があれば記事にしたいと思います!

これからも最新相場だけでなく、多くのカードの情報やまとめ記事を掲載しようと思うので楽しみにしていてください!

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします!

それでは次回お会いしましょう!

最新情報はツイートしていきますので、ツイッターのフォロー↓もよろしくお願いします!