【遊戯王 相場】本日発売Vジャンプ4月号にて『マシンナーズ・メタルクランチ』登場!初動相場の状況は?!

皆さんこんにちは!

今回は2020年2月21日に発売されたVジャンプ4月特大号に付録としてついた、『マシンナーズ・メタルクランチ』についてご紹介します!

マシンナーズデッキは、2月22日発売の『STRUCTURE DECK R -マシンナーズ・コマンド —』で強化されるシリーズとなっています。

『マシンナーズ・メタルクランチ』はマシンナーズのみならず、機械族全般に使える汎用性の高いカードとなっています。

ストラクチャーデッキが発売されて、需要が高まる可能性があるので注目の一枚です!

さて、どのようなカードなのでしょうか。

早速見ていきましょう!


基本情報

マシンナーズ・メタルクランチ

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻2800/守 0
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1800になる。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから機械族・地属性モンスター3体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りのモンスターはデッキに戻す。

(1)の効果によって、レベル9の打点が2800のモンスターが簡単に召喚できます。

しかし、自分フィールドに表側表示のモンスターが存在しない場合にのみです。

さらには、(2)の効果で(1)の効果による召喚方法を使用した場合に、元々の攻撃力が1800になってしまうため、デメリットや条件による縛りが重めな印象を与えます。

(3)の効果は機械族・地属性モンスター3体をデッキから選びランダムに1枚手札に加える効果となっています。

自分の欲しいカードが必ずサーチできるわけではないが、3枚同じカードにすれば確実に必要なカードをサーチすることもできます。

さらに、機械族・地属性モンスターは機械族の中でも一番数の多い属性ですので数字から見ても汎用性は高いといえるでしょう。

最近流行りのテーマとしては、「無限起動」や「列車」などのカテゴリーが存在するため、流行という面でも汎用性は高いといえるかもしれません。

レベル9なので、「無限起動」であれば、『無限起動アースシェイカー』の素材にできたりと相性は良いといえます。

一方で、レベル9であることと、「特殊召喚できる」ではなく「召喚できる」というのが少しネックとなっている部分もあるかもしれません。

「列車」の場合レベル10モンスターをエクシーズにしたりする場合が多いですが、レベル9であるためそのままエクシーズ素材にできません。

リンクの素材にするにしても、召喚権を使ってしまうのでデメリットの部分が大きいかもしれません。

そうすると、「列車」デッキの場合は採用するかどうか迷うところです。

ただ、汎用性の高い強力な効果と、高レベルでも召喚しやすい使いやすさから、このカードは強いといえるでしょう!

それでは、次は相場を見ていきましょう!


相場情報

ツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました。

↑ 300円

↑ 500円

↑ 600円

↑ 400円

↑ 400円

相場は、400~600円程度になっています。

初動の価格は在庫数によって大きく変わるので、一概にこの値段になるとは言えません。


まとめ・考察

今日は『マシンナーズ・メタルクランチ』について紹介しました!

初動相場は400円~600円程度となっています。

基本的に初動からどんどん値下がりするものなので、それなりの値段で買い取ってもらいたいければ早めの売却がベストです!

しかし、明日のストラクチャーデッキの人気次第で需要が上がる可能性が大いにあるので必ずしも初動から下がるとは言い切れません。

汎用性が高いので新しいカテゴリーが登場したタイミングで急高騰することも大いに予測されます。

ですので、一旦ストラクチャーデッキが販売されてから相場の様子を見て売却するのもありだと思います。

もし、値が上がらなくても保管していれば、いずれ高くなる時は来るはずですので待ってみるというのも方法かもしれません。

これからもこのカードの情報には目が離せません!

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします!

それでは次回お会いしましょう!