【遊戯王 高騰】『閃刀機関ーマルチロール』高騰中!レアコレ3も影響?!

皆さんこんにちは!

今日は『閃刀機関ーマルチロール』についてご紹介します。

『閃刀機関ーマルチロール』2018年2月24日発売のデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで収録された魔法カードです。

現在も多くの大会で実績を残している閃刀デッキですが、その中でも準制限に入っているほどの強さをもちます。

はたして、どれほどの相場になっているのでしょうか。

早速見ていきましょう!


基本情報

閃刀機関ーマルチロール

永続魔法(準制限カード)
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
さらに、対象のカードは墓地へ送られる。
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した
「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、
自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

このカードは永続魔法であるため、破壊されなければ継続して使用することができるのが強い点です。

そもそも、効果が強いカードが永続的に使えるのは非常に厄介な存在となっています。

(1)の効果では、自分フィールドのカードを選択することで、このターンの魔法カードの発動に対して魔法・罠・モンスター効果を発動できないというものです。

さらに、その時対象としたカードを墓地に送らなければなりません。

この効果少しややこしいのですが、実は対象のカードをただ墓地に送らないで活用することも可能です。

対象としたカードが『閃刀機関ーマルチロール』の効果にチェーンして効果を発動できれば、そのまま墓地に送れます。

ですので、対象のカードの効果を使った後に墓地に送るという活用方法もあります。

この方法を用いても「自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない」は適用されます。

基本的に閃刀デッキは魔法カードを多用するデッキですので安定性を求めるのに非常に重要なカードとなっています。

(2)の効果は、そのターン発動した閃刀魔法カードの数まで墓地から魔法カードをセットできるという効果です。

先ほども言ったように魔法カードによって強さを発揮する閃刀デッキにはこちらも必須のカードといえるでしょう。

しかし、この効果でセットした魔法カードは発動後、除外されてしまいますので墓地からセットする魔法カードやタイミング、枚数は非常に重要です。

さて、このカードの強さが分かったところで相場情報を見ていきましょう!


相場情報

ツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました。

 

↑ スーパーレア 800円

↑ スーパーレア 500円

↑ スーパーレア 1000円

↑ スーパーレア 800円

↑ スーパーレア 700円

↑ スーパーレア 800円

相場は500~1000円と幅があります。

しかし、平均するとどの店舗も800円程度ですので相場に幅があるというより、店舗間に差がある感じとなっています。


まとめ・考察

今日は『閃刀機関ーマルチロール』についてご紹介しました!

リミットレギュレーションが改定されてすぐはあまり買取情報が出ておらず下落傾向でしたが、最近は買取情報が多く出てきています。

これはもしかすると、レアコレ3が関係してそうですね。

レアコレ3に閃刀デッキのパーツがテーマ内容としては多めに入っていましたので、それが影響して新規デッキ作成者が増え始めていると考えられます。

それによって店の在庫が減って、買い取り額が高額化しているのではないかと考えられます。

このことも踏まえて考えると、今売るのが一番高く売れる可能性が高いのではないでしょうか。

レアコレ3のカードも在庫が店舗にかなりあるようですので、それと同時に『閃刀機関ーマルチロール』を購入する人が一定数いると思います。

そのため、『閃刀機関ーマルチロール』の在庫は店舗では少なめになっているはずですの、買取は強化されていると思われます。

ですので、売却検討者は早めの決断が良いでしょう。

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします!

それでは次回お会いしましょう!