【遊戯王 高騰】『冥王結界波』価格は今が安定期!ここからは下落傾向?!

皆さんこんばんは!

今日は先月からかなり値段の高騰している冥王結界波についてご紹介します。

このカードはドラグーンデッキに対抗するためのカードとして脅威となるべく、価格が高騰しています。

現在の環境では、『超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ』の一強環境といえるでしょう。

そこで、このカードは『超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ』出てしまった場合の対策としてかなり有効な手立てとなります。

最近までずっと価格が上昇傾向でしたのですが、現状どれくらいの価格になっているのでしょうか。

早速見ていきましょう!


基本情報

冥王結界波

通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

モンスターのみで制圧するデッキにはこのカードがかなり刺さります。

このカードの発動に対してモンスター効果は発動できませんから、モンスターに対してはかなり刺さります。

しかし、冥王結界波に対して魔法・罠カードの効果は発動できますから、万能というわけではありません。

『超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ』の(3)の効果は発動できませんから、そのまま効果が適用されます。

さらに、このカードの効果は対象の取らないカードですので、確実に『超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ』の効果を封じることができます。

しかし、ドラグーンデッキに簡単には刺さらないというのが本音でしょう。

基本的に、神宣3枚積みなどが多いですので簡単にはつぶせません。

しかし、それらの除去カードを消費させられると考えれば良いのではないでしょうか。

さて、今の相場はどのようになっているのでしょうか。


相場情報

ツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました。

↑ ウルトラレア 500円

↑ ウルトラレア 500円

↑ ウルトラレア 400円

↑ ウルトラレア 600円

↑ ウルトラレア 500円

相場は大体400~600円程度となっています。

店舗間による差はあまりないようで500円が基本になっているようです。


まとめ・考察

今日は冥王結界波について紹介しました。

相場は12月ごろから見てみるとグングン上昇していますが、1月下旬からは値段の変動があまりないので今が安定期といえるでしょう。

しかし、リミットレギュレーションの改定で環境の変化が起こり使われなくなる可能性もあるので、少し注意が必要です。

これからの環境とともに変化するカードなのでぜひこれからも注目していきましょう!

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします!

それでは次回お会いしましょう!