【遊戯王 高騰】捕食植物ヴェルテ・アナコンダが高騰中!!これから買取額が下がっていく可能性は高い?!

皆さんこんばんは!

今日は最近高騰中の捕食植物ヴェルテ・アナコンダについて紹介します!

捕食植物ヴェルテ・アナコンダは、2019年11月23日に発売されたLINK VRAINS PACK 3で登場したリンクモンスターです。

LINK VRAINS PACKは基本的に今までのシリーズ化されたカードのリンクモンスターを登場させることで、そのテーマを強化する役割を果たしてきました。

しかし、このカードはリンク召喚に必要なモンスターの縛りが緩く、効果も融合モンスターを使う多くのデッキで使えることから、かなり高騰しているカードとなっています!

一体どんなカードなのでしょうか?

早速見ていきましょう!


基本情報

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

まずは召喚条件からです。このカードは効果モンスター2体でのリンク召喚ができるため、召喚方法は非常に楽になっています。レベル制限や属性に縛りがないのも汎用性の高さを表しています。

一方で攻撃力はかなり低いため、棒立ちにさせることはできるだけ避けておきたいカードとなっています。

(1)と(2)の効果はセットで非常に強い効果となっているので、まずは(2)の効果から見ていきましょう。

(2)は2000LPを払うことで、融合かフュージョンと名の付く魔法カードの効果を得ることができます。

超融合の効果を得て、相手フィールドのモンスターと自分フィールドの捕食植物モンスターで捕食植物系の融合モンスターやスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚することができます。

さらに、真紅眼融合の効果を得ることで超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズを一発で出すことも可能になります。

ここで、超融合の効果を得て捕食植物系の融合モンスターやスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを出す際に相手フィールドのモンスターが闇属性ではなかった場合に(1)の効果が使用できます。

ここで、相手フィールドのモンスターを闇属性にすることで、超融合の効果を得た捕食植物ヴェルテ・アナコンダの(2)の効果で相手を融合素材に闇属性のモンスターとして融合召喚することができます。

これらのように最近人気の超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズを簡単に出せることも相まってかなりの人気を持っています。

それでは相場はどのようになっているのか見ていきましょう!


相場情報

ツイッターの買取情報をもとに相場を算出してみました!

↑シク 4500円

↑ ウルトラ 2500円

↑ ウルトラ 1800円 シク 6500円

↑ ウルトラ 2400円

相場は1800円ー2500円と少し分散気味ですね。店舗によっての買取価格の差があるので、売ることを考えている方は店舗選びで熟考するのがいいと思います。


まとめ・考察

今日は捕食植物ヴェルテ・アナコンダについて紹介しました。

相場は少し分散しがちなカードなので、売りたいと思っている方は店舗を選んでの買取査定をおすすめします。

また、買取額が高くても買取は早くしなければ在庫の関係ですぐ値段が落ちてしまう恐れがあるので、急ぎ目のほうが良いかと思います。

個人的には今が一番の売りどきのようにも感じます。

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズのような強力な融合カードに対しての規制が厳しくなった場合、価格はさらに下がることが予想されるのでそういう意味でも、今がチャンスなのかもしれません。