【遊戯王 相場』再録された『星導竜アーミライル』の再録後の相場は!?!意外と安い?

【遊戯王 相場』再録された『星導竜アーミライル』の再録後の相場は!?!意外と安い?

皆さんこんばんは!

今回は、星導竜アーミライルの相場の紹介・考察をしていきたいと思います!

アーミライルは、先日行われたデュエリストフェスティバルで限定販売された、星導竜アーミライルデュエルセットで再録されました。

それまでは、昨年12月のVジャンプでしか手に入らなかった貴重なカードで、それゆえに高額でしたが、現在はどのような相場になっているのでしょうか。

それでは詳しく見ていきましょう!


星導竜アーミライル

広告

闇 / ドラゴン族 / リンク / 効果 / ATK 1400 / LINK-2【左下 / 右下】

効果モンスター2体
このカード名の効果はターンに1度しか使用できない。このカードはリンク素材にできない。
(1)このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと元々のレベルが同じモンスター1体を、このカードのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表紙で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

昨年の12月22日、23日にジャンプフェスタ2019で配布された、『リミテッドパック2019』に収録されたカードです。

リミテッドパックで登場したものはスーパーレアで、デュエルセットで登場したものはシークレットレアになっていますので、呼び方はレアリティで区別していきます。

ジャンプフェスタでは、リミテッドパック2019の入手条件がなかなか難しく、1日中会場にいても、運がよくても10パックも手に入らないという程度のものでした。

また、会場の回転率も悪かったため、全体の供給量も非常に少なく、ジャンプフェスタ後の相場は5000円を超えていたカードです。

カードの効果としては、効果モンスター2体をリンク素材としてリンク召喚し、(1)の効果でこのカードのリンク先の表側表示モンスターと、元々のレベルが同じモンスター1体を、このカードのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚することができます。

ただし、この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、また、アーミライル自身はリンク素材にできないという制約があります。

インフレ防止の制約をつけた感じの、壊れではないけど使えないこともないようなカードです。

ただ、やはり供給量が圧倒的に少なかったので高額でした。

それでは相場情報を考察していきましょう!


相場情報

まずは、再録される以前の相場を簡単に紹介します。

こちらの記事は、今年の1月あたりのアーミライルの相場をまとめたものです。この時には相場が高騰し、1枚5000円前後になりました。

【遊戯王 高騰】『星導竜アーミライル』ここ数日で大きく高騰して平均相場は5000円レベルに突入!

その後は…

2月の中旬までは3500円で買取されていました。

 

その後は、デュエルセットでの再録が判明し、相場は徐々に下がっていき、3月頃には2000円〜2500円になっていました。

現在の買取相場

続いて、現在の買取相場を紹介したいと思います。

 

広告

↑シークレット 3000円

↑スーパーレア1000円

デュエルセットのシークレットレアは3000円、スーパーレアは1000円となっています。

デュエルセット自体は4000円〜5000円で取引されているので、シークレットレアのカード自体は3000円ほどの相場と言えそうです。

また、スーパーレアは、買取情報、取引情報ともに少ないですが、1000円〜1500円で推移していくと思われます。


まとめ

星導竜アーミライルは、デュエルセットでの再録でシークレットレアが登場し、ジャンプフェスタ直後の高い相場からはかなり落ちてきています。スーパーレアであれば1500円程度で買えるようになりそうです。

星導竜アーミライルは、大きな需要があるとは言えないカードですが、今まで高くて手を出せなかった人も今後は使いやすくなってくると思います。

それでは次回もお楽しみに!

星導竜アーミライル デュエルセット(YCSJ OSAKA 2019 限定

星導竜アーミライル デュエルセット(YCSJ OSAKA 2019 限定

6,028円(05/25 02:19時点)
Amazonの情報を掲載しています