【遊戯王 高騰】『スクラップ・リサイクラー』無限起動で注目され相場も高騰!

 

スクラップ・リサイクラー

地 / 機械族 / 効果 / 星3 / ATK 900 / DEF 1200

このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから機械族モンスター1体を選択して墓地へ送ることができる。

1ターンに1度、自分の墓地に存在する機械族・地属性・レベル4モンスター2体をデッキに戻す事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

スクラップの下級モンスターです。

収録は2009年に発売されたストラクチャーデッキ−マシンナーズ・コマンドです。

自身の召喚・特殊召喚成功時にデッキから機械族モンスター1体を墓地へ送る効果と、1ターンに1度自分の墓地の機械族・地属性レベル4モンスター2体をデッキに戻すことで1枚ドローすることができます。

スクラップだけでなく機械族テーマのカードをなんでも墓地へ落とすことができるのが魅力的な効果です。


相場情報

少し前の相場は?

まず、少し前の相場をリサーチしてみました。

 

↑2018年12月 250円


↑2018年12月 150円

このように、昨年の12月あたりでは150円〜250円で買取募集があります。この頃は、リンクヴレインズパック2でスクラップの新規リンクモンスターが出たこともあって、若干相場が高騰していたようです。

現在の店舗の買取募集

次に現在の店舗の買取状況をみてみましょう!

 

↑300円

↑300円

↑400円

このように、インフィニティ・チェイサーズが発売されて以降では300円〜400円の買取となっています。

買取相場から見ても高騰しているようです。

メルカリの取引状況

メルカリでは1枚あたり350円〜500円で取引されております。

買取よりもやや高い相場となっているようです。こちらも以前より高く取引されています。


考察・まとめ

スクラップ・リサイクラーの相場は、店舗の買取が300円〜400円、メルカリでは350円〜500円で取引されており、以前よりも大きく高騰してきているようです。

高騰の原因は無限起動との相性が良いことにあります。

無限起動とのプレイングで使える点は…

・レベル2の無限起動ハーヴェスターとレベルを合わせてランク5を立てる、レベル4のロックアンカーとレベルを合わせてランク7を立てる。

・ステータスが地属性機械族なので、レベル5以上の無限起動モンスターの特殊召喚のリリースに使える

・墓地から機械族モンスターを除外して発動する効果のコストを用意できる。

・墓地から展開できる無限起動トレンチャーを墓地へ送ることができる

といった点があります。

すでに無限起動との相性が良いカードはいくつか発見されておりますが、スクラップ・リサイクラーも徐々に加わっていきそうです。現在ではサイバー・ドラゴン・ネクステアや、フライングペガサスの方がサポートカードとして採用されている印象がありますが、今後はどうなっていくか分かりません。

また、スクラップ・リサイクラーは10年前のストラクにしか収録されていないカードなので、今後需要が高まれば相場も一気に高騰していきそうです。注目しておきたいカードですね!

それでは次回もお楽しみに!