【遊戯王 最新情報】『左腕の代償』がストラク『ロード・オブ・マジシャン』に再録決定!

皆さんこんばんは!

今回は、3月9日に発売されるストラクチャーデッキR ロード・オブ・マジシャンに関する最新情報が判明したのでお伝えしたいと思います!

左腕の代償の再録が判明しました!

詳しく見ていきましょう!


左腕の代償

通常魔法

このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
(1):このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

左腕の代償は、2015年12月に発売されたミレニアムパックで登場しました。

その後様々なデッキで活用され、大きく高騰したりもしました。

そしてレアリティコレクション20th ANNIVERSARY EDITIONで再録されました。

自分の手札が2枚以上の場合に、その手札を全て除外することで、デッキから魔法カード1枚をサーチすることができます。

インフェルノイドでのモンスター・ゲートなどの、これさえあれば展開できるという魔法カードをサーチする手段として使われてきた1枚です。

ただ、現在の環境では灰流うららを打たれることで手札0の状態になってしまうという弱点があります。

かつては活躍していたカードですが現在はあまり使われることがないという感じですね…


まとめ

今回は、3月9日発売のストラクチャーデッキR−ロード・オブ・マジシャンで左腕の代償が再録されることをお伝えしました。

レジェンドコレクションも終わり、次はインフィニティ・チェイサーズが控えていますが、その次にはこのストラクが控えています。

左腕の代償はもともとの相場が高いカードではないですが、魔法カード関連で現在も相場が高い様々なカードが再録されてくると思います。

今後の情報に注目していきたいです。

それでは次回もお楽しみに!