【遊戯王 相場】既存のWCSの『青眼の亜白龍』シークレットレアの相場状況!憧れのあのカードが…

みなさんこんばんは!

今日はレジェンドコレクションの発売日ですね!

今回はレジェコレで再録された青眼の亜白龍の相場を考察していきたいと思います!


青眼の亜白龍

特殊召喚・効果モンスター

光属性 / ドラゴン族 / 効果 / 星8 / ATK 3000 / DEF 2500

このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS の前売り特典でKCレアとして登場し、同映画の入場特典でKCレア、World Championship 2017の入場特典としてシークレットレアが配布された青眼デッキの核となるカードです。

上記方法に加えてレアリティコレクション2018でホログラフィックレアとして収録されましたが、入手方法の難しさから高額で取引され、1200枚しか存在しなかったシークレットレアに至っては10万円前後で取引されていたカードです。

しかし本日発売のレジェンダリーコレクションでシークレットレアの青眼の亜白龍が再録されました。

シークレットレアでの再録ですので、今までのWCS特典であるシークレットレアとかぶることになりました。それを受けてWCS入場特典のシークレットレアの相場がどう変化したか見ていきましょう!


相場情報

相場を判断できる情報がなかなか少ないのですがご紹介しておきます。

メルカリでは5万円で取引されいるものが1件ありました。

店舗でも5万円前後で売られているようです!


考察・まとめ

WCS入場特典のシークレット青眼の亜白龍ですが、すでに大幅な値下がりがしているようですね!10万円前後だった相場が半額の5万円前後になっているようです。

今までは青眼の亜白龍3枚をシークレットレアで揃えるには非常に高い金額が必要であったので、お金にかなり余裕がある人しか揃えることができませんでした。なにせ全国でも1200枚しか存在しないようなかなり貴重なカードでしたのでそれもそうです。

しかし、今回のレジェンドコレクションで青眼の亜白龍のシークレットレアは非常に入手しやすくなりました。現在の相場でも2000円〜3000円ほどとなっています。

もちろんWCSで登場したシークレットレアとレジェンドコレクションで登場したシークレットレアは外見では型番のみの差異ですが、全く別物です。これからも先でも、もしデュエルで亜白龍のシークレットがWCS版であれば『こいつ、できる…!』となる訳ですし、コレクション用としてはかなり重宝されるものになります。しかし、今回の再録で多くのコレクターが手放したのは事実であり、それによってWCS版もかなり安売りされるようになっています。

安売りとはいえ1枚で50000円ほどという相場ですが、今まで買えなかった人、50000円なら3枚揃えてデュエルしたい!という人(あんまりいないと思いますが笑)は、この機に買い揃えるのも一つの手になりそうです。

個人的には今回の再録でWCS版のシークレットの価値が下がるのは虚しいことですが、これも仕方ないことになりそうです。

それでは次回もお楽しみに!