【遊戯王 最新情報】『インフィニティ・チェイサーズ』判明した新規カードのまとめ&考察!

皆さんこんばんは!

今回は、昨日判明したインフィニティ・チェイサーズの新規収録カードについてをまとめていきたいと思います!

それでは詳しく見ていきましょう!


インフィニティ・チェイサーズのおさらい

デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズの概要は以下の通りです。

・全45種
・ウルトラレア…3種
・スーパーレア…12種
・ノーマルカード…30種(全てにパラレル仕様もあり)

・1パック5枚入り

・143円(税抜)

・『ウィッチクラフト』、『呪眼』、『無限起動』の3種の新規テーマと関連カードを収録。

完全新規となる3つのテーマを中心に様々なカードが収録されます。

全収録カードの情報については、こちらの記事で紹介していますのでこちらもぜひご覧ください!


今回判明した新規カード

今回判明した新規カードを紹介していきます!

無限起動アースシェイカー

無限起動要塞メガトンゲイル

無限起動コロッサルマウンテン

無限起動ロックアンカー

無限起動キャンサークレーン

全てが無限起動のカードになっています!

それでは1枚ずつ見ていきましょう!

無限起動キャンサークレーン

地 / 機械族 / 効果 / 星5 / ATK 2100 / DEF 500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分の墓地から機械族モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「超接地展開」1枚を手札に加える。

自分フィールドの機械族・地属性モンスターをリリースして手札から特殊召喚できます。

また、自分の墓地から機械族モンスター1体を除外することで、デッキから『超接地展開』というカード1枚を手札に加えることができます。

この超接地展開というカードはまだ詳細が判明していないので、どういうカードになるかでこのカードの評価も変わってきそうです。

無限起動ロックアンカー

地 / 機械族 / 効果 / 星4 / ATK 1800 / DEF 500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「無限起動ロックアンカー」以外の機械族・地属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

召喚・特殊召喚時に手札から自身と同名以外の機械族・地属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚できます。

また、このカード以外の自分の機械族モンスター1体と、このカードのレベルを、2体のレベルを合計したレベルに変化させることができます。発動すれば同じレベルのモンスターを2体用意することができ、そのままエクシーズ召喚に繋げることができます。

無限起動アースシェイカー

地 / 機械族 / エクシーズ / 効果 / 星9 / ATK 3100 / DEF 2100

レベル9モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけフィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

ランク9のエクシーズモンスターです。

X素材を任意の数だけ取り除き、その数だけフィールドのカードを破壊することができます。

また、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したときに破壊したモンスターをこのカードのエクシーズ素材にできます。

(3)の効果では、このカードが墓地に存在するときに、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースすることでこのカードを守備表示で特殊召喚できます。

ランク9と出しにくそうですが、元々の攻撃力で3100、除去効果を持っており、盤面制圧に優れたカードです。

 

無限起動コロッサルマウンテン

地 / 機械族 / エクシーズ / 効果 / 星7 / ATK 2100 / DEF 3100

レベル7モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力は1000アップする。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。

ランク7のエクシーズモンスターです。

X素材を取り除くことで自身の攻撃力を1000アップさせることができます。ターン制限があり、元々の攻撃力が2100ですので、召喚したターンに3100、次のターンには4100に化けます。

(2)の効果はアースシェイカーと同じように、戦闘で相手モンスターを破壊したときにそのモンスターをこのカードのX素材にします。

(3)の効果も、アースシェイカーと同じように、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースすることで墓地から守備表示で特殊召喚できます。

無限起動要塞メガトンゲイル

地 / 機械族 / リンク / 効果 / ATK 4000 / LINK-3【左下 / 右下 / 右】

Xモンスター3体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカード及びXモンスター以外の効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

Xモンスター3体がリンク素材というリンク3の大型リンクモンスターです。

元々の攻撃力でなんと4000もあります。

(1)の効果では、このカードがモンスターゾーンに存在する限りこのカード及びXモンスター以外の効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されません。

メガトンゲイルを突破できるXモンスターを備えていないデッキであればメガトンゲイルが出たら勝負がついてしまいます。

(2)の効果では、自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動し、その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とすることができます。ただしこの効果の発動後はターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になります。


考察・まとめ

今回はインフィニティ・チェイサーズの新しく判明した新規収録カードをお伝えしました!

無限起動の新規カード5枚が判明となりました。

今まで無限起動のカードは1枚しか出ていなかったので確実に言えることではなかったのですが、今回の登場カードによって地属性機械族のテーマであることが確実になりました。

地属性機械族といえばもちろん、最近強化されていた列車のカードとの相性が良いデッキになりそうです。いくつかの列車のサポートカードなどを使うことができそうです。

無限起動は、現在3種類のエクシーズモンスターが判明しており、それぞれランクが5・7・9と全てバラバラになっています。

その割には効果モンスターはまだ2種類しか判明していないので、どのようにこれらの別々のランクのエクシーズモンスターを効果的に出すのかが分かりません。

今回判明したロックアンカーは、2体のモンスターのレベルを足して合わせる効果を持っています。ロックアンカーとキャンサークレーンの2体からランク9を作ることができます。

そのため、無限起動にはレベル1と3の効果モンスターが登場する可能性が高そうです。

また、エクシーズモンスターは全て戦闘破壊した相手のカードをX素材にする効果、また自分フィールドの機械族リンクモンスターをリリースすることで墓地から自己蘇生できる効果を持っております。そのため、今回判明したメガトンゲイル以外にも素材が軽い機械族のリンクモンスターが登場すると思われます。

既存の機械族リンクモンスターで無限起動でも使えそうなところを探してみると、機関重連アンガー・ナックル水晶機巧−ハリファイバーあたりが考えられます。このあたりにも目をつけておきましょう。

また、無限起動のカード自体で他の機械族テーマに出張することもできそうです。

だんだん無限起動のデッキの概要が見えてきました。

既に発売までは1ヶ月を切っているので、インフィニティ・チェイサーズの情報にも気をかけておきましょう!

それでは次回もお楽しみに!