【遊戯王 高騰】『転生炎獣アルミラージ』需要増加で高騰中!ウルトラでも4000円!?!

皆さんこんばんは!

最近ブログをサボリ気味だった管理人のtoyです。この時期は体の調子が悪くなってしまいますね…

ということで今回は、転生炎獣アルミラージの相場についてを考察していきたいと思います!

最近またまた話題になっているこのカードの相場はどう変化しているのでしょうか?

それでは詳しく見ていきます!


転生炎獣アルミラージ

炎 / サイバース族 / リンク / 効果 / ATK 0 / LINK-1【右下】

通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを特殊召喚する。

転生炎獣アルミラージは、2018年12月に行われたジャンプフェスタ2018で、先行販売されたプレミアムパック2018に収録されています。

現在では、プレミアムパック2018は一般販売はされていないため、全国的に見ても希少なカードの1枚です。

通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体からリンク召喚できるリンクモンスターです。

(1)の効果では、自身をリリースすることで自分フィールドのモンスター1体に相手による効果破壊耐性を付与します。相手ターンにも使える誘発即時効果ですので、相手の除去に対する防御札としても使えます。

(2)の効果では、このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊されたときにこのカードを特殊召喚します。

(2)の効果は、特殊召喚できるタイミングが『通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊されたとき』ですので、そのタイミングで攻撃力0のリンクモンスターを出しても意味がない…ように感じられてしまいます。(1)の効果も効果破壊耐性ですので(2)の効果と合わせて使うのにも不向きです。

登場直後には、転生炎獣デッキへの採用に関しては低い評価だったカードです。

しかしながら、全国的な供給枚数が非常に少ないため、ジャンプフェスタの2日目から相場が急激に高騰しました。

【遊戯王 高騰】『転生炎獣アルミラージ』2日目に価格が急高騰!20thシクは驚異の10000円超えに!!!

こちらの記事で説明しています。

また、このときの相場を以下のようにしていました。

レアリティ 相場
ウルトラ 1500〜2000
シークレット 3000〜3500
20thシク 8000〜10000

発売直後には20thシークレットレアが急激に高騰して、10000円を超える相場になり大きな話題になりましたね!

それでは最近の相場を見ていきましょう!


相場情報

まずはツイッターでの店舗の買取情報をまとめてみましょう!

↑ウルトラ4000円

↑ウルトラ3800円

 

↑ウルトラ4000円 シークレット5000円 20thシークレット10000円

↑ウルトラ3500円 シークレット5000円 20thシークレット10000円

 

↑ウルトラ 3500円 シークレット6000円 20thシークレット10000円

店舗の買取はこのようになっています!

次にメルカリでの相場を見てみましょう!

↑ウルトラレア…1枚あたり3500円〜3900円

↑シークレットレア…1枚あたり4500円〜6200円

↑20thシークレットレア…1枚あたり8500円〜13000円

それぞれこのようになっています。

相場をまとめてみると…

レアリティ 相場
ウルトラ 3500〜4000
シークレット 4500〜6200
20thシク 8500〜13000

このようになっています。

どのレアリティでもジャンプフェスタの直後からは大きく高騰しています。

特にウルトラレアは2倍近くの高騰になっているようです。


考察・まとめ

転生炎獣アルミラージの相場は、ジャンプフェスタの直後から比べると全てのレアリティで相場が高騰しており、特にウルトラレアは1枚でも4000円近くの高い相場になっています。

高騰の原因には、まずプレミアムパック自体の希少性があります。

例年のことではありますが、全てのプレイヤーが3月の一般販売が待てません。なかなか遠いものです。2月の下旬にもなれば、一般販売が近づくので購入を控えるプレイヤーが増えますが、1月のこの時期は、多少相場が高くても一般販売よりも早く手に入れたい人が増えます。そのため相場の上昇に繋がっていると思われます。

また、転生炎獣デッキへの採用は少ないですが、それ以外のデッキでの採用が思ったよりも増えていることが高騰に繋がっています。

そもそもアルミラージは、効果自体に『転生炎獣』は関わっていません。攻撃力1000以下のモンスター1体から、右下向きのリンクマーカーを作ることができますし、誘発即時効果で自分のモンスターを守ることもできます。

こうした点が注目されて、様々なタイプのデッキで1枚採用が増えているようです。

希少性とカード自体の需要も相まって相場が大きく高騰しているようですね!

この時期に先行販売のカードが高騰してしまうと買うかどうかが悩みどころです…みなさんはどうでしょうか???

それでは次回もお楽しみに!