【遊戯王 高騰】『D−HERO ディスクガイ』D−HERO強化で相場も高騰中!!!

【遊戯王 高騰】『D−HERO ディスクガイ』D−HERO強化で相場も高騰中!!!

皆さんこんばんは!

今回はD−HERO ディスクガイの相場情報を詳しくお伝えしていきます!

ダーク・ネオストームで大幅に強化されて話題となっているD−HEROの関連カードになります!

それでは見ていきましょう!


D−HERO ディスクガイ

闇 / 戦士族 / 効果 / 星1 / ATK 300 / DEF 300

このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。 このカードは墓地へ送られたターンには墓地からの特殊召喚はできない。
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。

遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHANPIONSHIP 2007という、2007年の世界大会公式ソフトとして登場したNINTENDO DSのソフトの付録カードとして登場しました。

最初に登場したときはウルトラレアとして登場し、その後パーフェクトルールブック2018の付属カードとして、ノーマルパラレルで登場しました。

パーフェクトルールブック2018は、2018年の3月に登場したので、再録版はかなり新しいカードということになります。

また、このカードは俗にいうエラッタカードです。

2008年に禁止カードに指定されてから、長らく禁止カードに指定されておりましたが、2018年の4月に効果の変更とともに制限カードに復帰し、その後無制限カードにまで復帰しています。(とはいえ効果はデュエル中に1度しか使うことができないのであまり意味がないです。)

まず、エラッタ前の効果を見てみましょう!

このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

効果これだけです。めちゃくちゃ強いですね(笑)

エラッタ前では、ターン制限もデュエル中の制限もなく、また強制効果として墓地から特殊召喚したときに2枚ドローできます。

D−HERO以外のデッキでも悪用され続けて、そのまま禁止カードとなりました。

エラッタされた後では、『このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない』という制限と、『このカードは墓地へ送られたターンには墓地からの特殊召喚はできない』という制約が加えられています。

まずエラッタ前では、1ターンに複数回使うこともできた効果ですが、デュエル中に一度という制約が加えられたのでそもそも1回しか使うことができません。

また、墓地へ送られたターンには効果を使えないので、何かの効果でディスクガイを墓地へ送っても、2ドローに繋げるには1ターン待つ必要があります。

そのため、現在では主にD−HEROデッキで1枚採用されるという使い方がメインになっています。

HEROデッキであれば、V−HEROヴァイオンの召喚・特殊召喚時の効果でデッキから簡単に墓地へ落とすことができ、E・HEROソリッドマンなどの効果で墓地から特殊召喚して2ドローすることができますね!

それでは相場を見ていきましょう!


相場情報

Twitterでの店舗の買取情報を見ていきましょう!

↑ウルトラ・パラレル1000円

↑ウルトラ・パラレル800円

https://twitter.com/otaroad_labo/status/1084026781399638016

↑ウルトラ・パラレル1000円

↑パラレル700円 ウルトラ800円

店舗の買取は700円〜1000円となっております!

ほとんどの店ではパラレルとウルトラでも買取金額は同じですが、ウルトラの方が高くつく場合が多いようです。

次にメルカリでの取引状況を確認していきましょう!

メルカリではパラレル・ウルトラ合わせて1枚あたり800円〜1200円あたりで取引されております!

以前よりも高い相場になっておりますね!


考察・まとめ

D−HERO ディスクガイの相場は、店舗の買取で700円〜1000円、メルカリでは800円〜1200円となっており、以前よりも高い相場になっているようです。

D−HEROは、ダーク・ネオストームで予想以上の大幅な強化を受けて、デッキの構築の幅がかなり広がったデッキです。

そんな中でも、ディスクガイは2ドローでアドバンテージを稼げる要員の1つであり、またそもそもの効果が1デュエル中に1度のため採用枚数も1枚となっており、枠を取らずに採用できる貴重なカードになっています。

D−HEROをガチで組むのであれば必ず1枚は欲しいカードです。

採用される枚数は多くはありませんが、それでも付録カードとしてしか収録されていないため流通している枚数が少なく、相場が上昇しやすい状況になっていると思われます。

D−HEROの関連カードでは、ディバインガイが既に相場を上げていましたが、ディスクガイもこれから先高い状態が続きそうです!

それでは次回もお楽しみに!