【遊戯王 最新情報】『レジェンドコレクション』のポスターが公開!再録されそうなカードを考察!

【遊戯王 最新情報】『レジェンドコレクション』のポスターが公開!再録されそうなカードを考察!

広告

皆さんこんばんは!

今回は、20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONのポスターが公開されましたので、そこから色々と考察していきたいと思います!

それでは詳しく見ていきましょう!


ポスター内容

ポスターはこの記事の一番上に画像を載せています。

今回、ポスターに書かれている内容から読み取れる重要なことは…

・『劇場版登場カードをはじめ、新規カードを多数収録』

・『デッキ構築に役立つカードも収録』

というようにあります。

ここに書かれていることから

・劇場版で登場したカード、テーマなどを含む新規カードも多く収録される

・新規収録されたテーマなどの関連カードも多数再録

ということが考えられます。

私も劇場版は見ていましたが、あまり鮮明には覚えていないです。聞くところでは『方界』にはまだOCG化されていないカードが多数存在するようですので、方界の新規カードは間違いなく収録されることになりそうです。

また、今回のレジェンドコレクションでは、劇場版関連のカードにKONAMIはある程度焦点を当てていることも考えられます。

劇場版で登場したテーマ、劇場版特典として登場した多数のカードが再録される可能性が高そうです。

劇場版での特典などで新規として登場したカードをまとめてみると…

・『青眼の亜白龍』(KCレア・KCウルトラ)

・『エルフの聖剣士』

・『破滅竜ガンドラX』

・『暗黒騎士ガイアロード』

・『レモン・マジシャン・ガール』

・『守護神官マハード』(KCレア・KCウルトラ)

遊戯王には全てで3つの映画がありますが、1つ目と2つ目の特典カードはほとんど相場もついておらず、あまり注目されている訳ではないので一番新しいTHE DARK SIDE OF DIMENSIONSのカードが再録候補に上がりそうです。

今回のレジェンドコレクションで、劇場版との絡みを意識しているKONAMIですので、このあたりのカードは再録候補として強くなりそうです。

また、映画の関連カードとして、青眼関連のカード、ブラック・マジシャン関連のカードも再録の可能性があります。こちらにも注意しておきましょう。


青眼の究極亜竜

さりげなくカード名が変わっていました。

ジャンプフェスタで発表されたときは『青眼の究極亜龍』でしたが、今回の画像では『青眼の究極亜竜』となっています。

正直なところ、ドラゴンの『竜』と『龍』はKONAMIとしてはどう区別しているのでしょうか…

『青眼の亜白龍』の『龍』とは違う漢字になってしまいました。何か意味しているところがあるかもしれません。

もしくは単純にKONAMI側のミスの可能性もあるかもしれません。

広告

まとめ

今回は、2月9日発売のレジェンドコレクションのポスターから色々と考察してみました。

ポスターの文面からして、方界の新規カードや、映画で登場した特典カード、また青眼やブラック・マジシャンなどのテーマの再録カードが多数収録される可能性が高そうです。

青眼の究極亜竜も登場しますし、ますます『青眼の亜白龍』の再録の可能性は高まったと思います。

また、新規カードを強調しておりますので、完全な再録パックというよりは、新規カードと再録カードが半々くらいの割合になるのかもしれません。流石に半々までは行かないと思いますが…

レジェンドコレクションの再録カードについては、こちらの記事で予想を載せておりますので是非こちらもご覧ください!

【遊戯王 考察】最強パック間違いなしの『20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION』の再録枠を真剣考察!

それでは次回もお楽しみに!