【遊戯王 最新情報】『宵星の機神ディンギルス』『双穹の騎士アストラム』本日判明した新規カード2枚を考察!

【遊戯王 最新情報】『宵星の機神ディンギルス』『双穹の騎士アストラム』本日判明した新規カード2枚を考察!

広告

皆さんこんばんは!

今回は、本日の昼間に判明したダーク・ネオストームに収録される新規カードについて考察していきたいと思います!

本日の12時から、1月12日発売のダーク・ネオストームの注目カードに関する放送がKONAMIから行われました。

そこで2枚の新規カードが判明しましたので、紹介と考察をしていきます!

それでは詳しく見ていきましょう!


宵星の機神ディンギルス

(シーオルフェゴール ディンギルス)

闇 / 機械族 / エクシーズ / 効果 / 星8 / ATK 2600 / DEF 2100

レベル8モンスター×2
自分は「宵星の機神ディンギルス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、自分フィールドの「オルフェゴール」リンクモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドのカードを1枚選んで墓地へ送る。
●除外されている自分の機械族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
②:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除くことができる。

レベル8モンスター2体からエクシーズ召喚できるエクシーズモンスターです。

『宵星の機神ディンギルス』は1ターンに1度しか特殊召喚できず、また自分フィールドの『オルフェゴール』リンクモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚することもできます。リンクモンスターの上に重ねるとは斬新です。

(1)の効果では、このカードが特殊召喚に成功したときに、相手フィールドのカード1枚を墓地へ送るか、除外されている自分の機械族モンスター1体をこのカードのX素材にできます。

(2)の効果では、自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除くことができます。

まだまだ未熟なテーマであるオルフェゴールですが、大型のエクシーズモンスターが登場しました。オルフェゴールのリンクモンスターの上にそのまま重ねることで、2600の打点と除去効果、破壊耐性効果を用意することができます。

ビートダウンデッキとしての安定性が増しそうなカードです。

単純にレベル8モンスター2体から出すにしても、除去効果と破壊耐性を2回持っている打点2600ですので、活躍の機会があるかもしれません。

自身も機械族ですし、ランク8モンスターであるので、最近強化され話題になっているギミック・パペットとも相性が良さそうです。

画像からしてレアリティはウルトラレアのようです。


双穹の騎士アストラム

(ジャックナイツ・パラディオン アストラム)

光 / サイバース族 / リンク / 効果 / ATK 3000 / LINK-4【左 / 左下 / 右下 / 右】

EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
①:リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
②:このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
③:リンク召喚したこのカードが相手によって墓地に送られた場合、フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。

EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上という重めのリンク素材となっているLINK-4のモンスターです。

(1)の効果では、リンク召喚したこのカードがいる場合、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できません。

かなり強力な耐性、妨害効果になります。除去するには対象を取らない効果で除去するか、戦闘で破壊するしかありません。自身の攻撃力は3000であり、(2)の効果では攻撃力アップ効果もあります。

また、相手は他のモンスターを攻撃対象にできないので、アストラムを戦闘破壊できるモンスターを用意するか、アストラムを除去しない限りはゲームを有利に進められます。

(2)の効果では、特殊召喚されたモンスター相手に戦闘を行う場合に、このカードの攻撃力をそのダメージ計算時にその相手モンスターの攻撃力だけアップさせます。この効果があるので、アストラムを戦闘で破壊するには特殊召喚以外で出したモンスターで攻撃力3000を上回らなければなりません。今の環境であればなかなか突破されない一枚になりそうです。

また、除去されたとしても(3)の効果では、リンク召喚されたこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に、フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻すことができます。

リンク素材は重いですが、かなりの性能を持ったリンクモンスターになりそうです!

広告

こちらも公式の画像を見たところレアリティはウルトラレアのようです。

こちらはかなりの相場が期待できそうですね!


まとめ

今回は本日判明した2枚の新規カードについて考察していきました!

どちらもウルトラレアであり、確かな需要がありそうなカードです。

特に双穹の騎士アストラムは、リンク素材こそ重いですが非常に強力な盤面制圧能力を持っており、今後の活躍に期待できそうな1枚です。

また、ダーク・ネオストームの発売は今週の土曜日、既に明後日に迫ってきていますが、まだまだ判明していないカードが多数あります。

今回の放送でもっと多くの新規カードが判明すると思いましたが、それほどでもなかったです。

もう明日にはフラゲされると思われるので、残りの新規カードはフラゲ情報待ちになるのでしょうか。

最近のKONAMIは新規カードの判明がかなり遅いようにも思えますね…!

まだまだ注意して最新情報をチェックしましょう!

それでは次回もお楽しみに!