【遊戯王 高騰】『妖精伝姫−シラユキ』シクの相場が大きく高騰してた!?!

【遊戯王 高騰】『妖精伝姫−シラユキ』シクの相場が大きく高騰してた!?!

皆さんこんばんは!

今回は妖精伝姫−シラユキのシークレットレアの相場情報について考察していきます!

それでは詳しく見ていきましょう!


妖精伝姫−シラユキ

光 / 魔法使い族 / 効果 / 星4 / ATK 1850 / DEF 1000

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

ザ・ダーク・イリュージョンでノーマルレアとして登場した妖精伝姫のモンスターです!

妖精伝姫系のモンスターの中でも、強力な効果を持っており、一番高い相場だったカードです。

その後レアリティコレクション2にて再録されました。再録時はウルトラ・コレクターズ・シークレットのレアリティが登場しており、現在4種類のレアリティが存在するカードとなっています。

(1)の効果では、召喚・特殊召喚に成功したときに相手フィールドのモンスター1体を裏側守備表示にすることができます。モンスター版の月の書の効果を持っており、実戦でも使える強力な効果となっています。

(2)の効果では、このカードが墓地に存在するときに、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカードを7枚除外することで、このカードを墓地から特殊召喚することができます。

墓地から自身を特殊召喚する効果としては珍しく、『この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドを離れる場合は除外される』という制約がついておらず、また効果自体にもターン制限がついていないので、リソースが存在する限り何度でも使うことができます。

自身のレベルも4であるため、ランク4エクシーズにも繋げやすく、環境デッキでも墓地利用を多用するデッキで重宝されていました。不知火ライロや、芝刈りライロなどに採用されておりました。

環境でも活躍していたためか、2017年の7月には制限カードに指定されます。その後今回の2019年1月の制限改定では準制限カードに緩和されました。

それでは相場を見ていきましょう!


相場情報

Twitterの店舗買取情報ではどのような買取になっているのでしょう?

↑シークレット2800円

↑ノーマルレア300円

↑シークレット2800円

↑シークレット2500円

↑シークレット2800円

今年に入ってからの買取情報では、ノーマルレアが300円、シークレットレアは2500円〜2800円での買取となっています!

以前の買取情報がどうなっていたか調べてみました。

↑12月10日 シークレット2000円

↑12月10日 シークレット1800円

↑10月24日 シークレット1600円

このように、12月の途中までは1600円〜2000円という買取がほとんどでした。

買取が大きく動いたのは12月の途中、今季の制限改定が発表された前後と思われます。

次にメルカリでの取引状況を見てみましょう。

現在のメルカリでも、1枚あたり2800円〜3600円という高値で取引されています。


考察・まとめ

妖精伝姫−シラユキのシークレットレアの相場は、制限改定の発表時前後から動き始め、現在では店舗買取が2800円、メルカリの相場は2800円〜3600円という高値で推移しています。

というのも、本来ならば相場が動き始めた直後に察知して記事にしておくべきだったのですが、こうして記事にするのが遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m

まず、シラユキのシークレットレアの相場が12月から大きく上がっているようです。制限改定の直後から変化が起きて、現在でも以前と比べるとかなり高い相場で動いています。

もちろん今回の改定で準制限に緩和されたことが大きな原因ですが、それに加えて12月のジャンプフェスタでの憑依覚醒の登場も大きく影響していそうです。

これまでは墓地利用デッキの出張パーツであったシラユキですが、単体デッキでも使われるということが現実味を帯びてきました。

シークレットに対する需要が大きく伸びたものと思われます。

しばらくは高い相場で収まりそうです。余らせている人は売り時かもしれません。

今後も相場変化をなるべく早く察知して記事にしていきますのでよろしくお願いします!

それでは次回もお楽しみに!