【遊戯王 考察】2019年の遊戯王の展望を考えてみる。

【遊戯王 考察】2019年の遊戯王の展望を考えてみる。

広告

皆さん、あけましておめでとうございます。

今回は、2019年の始まりということで、全体的な遊戯王の展望を考察してみたいと思います。

それでは詳しく見ていきましょう!


遊戯王20周年

昨年頃から20周年に向けた企画が進行し、20thシークレットレアの登場や、20thに関連した新規商品、企画などが行われてきました。

そして、本当の意味での20週年は遊戯王公式サイトによりますと2019年2月に迎えます。

遊戯王OCG、第一期のVol.1の発売が1999年2月4日ですので、そこからカウントしていると思われます。

この20周年を迎える2019年2月には、20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONが発売されます。真の20周年を記念した大型再録パックということで、非常に期待できる内容になりそうです。

その一方、2019年2月を機に20周年企画は終了することも意味します。

現在公開されている情報では、2019年3月20日に発売されるBD・DVDである遊戯王 DUELIST and MONSTERS MEMORIAL DISCには20thシークレットカードが付録として収録されますが、それ以降の基本パックなどに20thシークレットカードが収録されるかは明らかになっていません。

恐らく4月13日発売になる基本パックであるRISING RAMPAGEでは20thシークレットレアは廃止されるのではないでしょうか。

KONAMIとしてもいつまでも20thに縛られる訳にもいきませんからね。

とはいえ、2019年2月がKONAMIにとっては大きな節目になることは間違いありません。まだ公開されていない重大なイベントや、企画などがあるかもしれません!とりあえず2月に期待したいですね!


リンク召喚の寿命は?

2019年に気になるのはリンク召喚の寿命とも言えます。

遊戯王の歴史を振り返る上で忘れることができないのが、召喚方法の追加です。

最初期はエクストラデッキというものすら無かったですが、儀式融合シンクロエクシーズペンデュラムリンク…と召喚方法が増えていきました。

このうち、ペンデュラム召喚は2014年3月から施工されました。そしてリンク召喚は、2017年の2月に発表されました。ペンデュラム時代の寿命が若干短かったというのもありますが、リンク召喚も、今年の2月に2周年を迎え、そして今年が終わることは3周年に差し掛かります。

下手したら今年で終わる可能性も無くはないということになります。遊戯王VRAINSもいつ終わるか全く分かりませんからね(*管理人VRAINSは全て追ってないのでもしかしたら何か間違いがあるかもしれません)

また、先程書いたように、今年で20周年を迎える訳ですので、何かKONAMIが暴走して新しい召喚方法の時代を切り拓くかもしれません。

とはいえ、リンク召喚の登場時は散々な評判で、店舗の買取も中止に追い込まれるような騒動になりましたが、結局現在のように未だに素晴らしいカードゲームとして君臨しているのを考えると、やはり底力がすごいな…と思ったりします。

ちなみにリンク召喚登場時の騒動についてはこちらの記事で詳しく書いています。

【遊戯王】【過去記事】(今更ながら)リンク召喚発表騒動まとめ!2017/03/16

広告

その他

こんな感じで記事を書いていきましたが、実際のところ遊戯王の行く先は全く見えません。

最新商品も現在判明しているもので最も先のものは2019年4月13日発売のRISING RAMPAGEですし、これはたったの4ヶ月先のことと言えます。

昨年も遊戯王では色々なことがありましたが、今年のことを考えてみても何か発見がある訳ではないです。

結局はKONAMI様の思惑次第…だったりするわけですね(笑)

とにかく、20周年を迎える今年も楽しく遊戯王ができるように願うばかりです。

ここまできて20周年を迎えたのですが、これが10年後には30周年となるとは限りませんからね。

改めて遊戯王を作ってきたKONAMIさんは偉業を成し遂げたものだとも感じます。

新年を機に自分の遊戯王生活自体を振り返ってみてもいかがでしょうか?

それでは皆さんよい正月をお過ごしください!

次回もお楽しみに!