【遊戯王 雑談】オリパってどうなの??? 店舗・個人のオリパ考察

【遊戯王 雑談】オリパってどうなの??? 店舗・個人のオリパ考察

 

皆さんこんばんは!

 

なんか雑談記事を書きたくなってきて…

 

ということで、今回はオリパについて書いてみたいと思います!

 

ヘッダー画像が何も思いつかずに、サクッと作っちゃいました。それっぽい感じに…(笑)

 

みなさんも一度くらいはオリパに挑戦してみたことがあるんじゃないでしょうか?

 

オリパと言っても、個人でやっているものや店舗でやっているもの、ちょっと形態は違いますがオリパ形式のガチャガチャなんかも多いでよね。

 

それでは色々と語ってみたいと思います。

 


 

店舗でのオリパって???

 

前にも書きましたが、管理人は遊戯王ショップで働いていたことがあり、その時にオリパの作成なども結構任されていました。

 

オリパといっても、ガチャガチャなどの景品が不特定なものを含めて考えます。

 

そこで、お店のオリパがどうやってできてるのかを書いてみたいと思います。こればっかりはお店によって細部は異なると思いますが、一例として読んでみてください。

 

店のメリット

・在庫処分

・通常利益

・イベント、集客目的

 

まずは店のメリットについて考えてみたいと思います。私としては、最大のメリットは在庫処分にあると思います。

 

店舗で働いていると分かるのですが、買取に来るカードって想像以上に偏ったりするんですよね。気づいたらあるカードが30枚以上集まっていたり、在庫過多になってしまうことは多々あることです。

 

そういうときには在庫過多のカードをオリパなどに使用すれば、在庫を調節することができます。店でオリパを買うと、同じカードばっかじゃねえか!ってときがあると思いますが、それにはこういう思惑が潜んでるということになります。

 

次に、通常利益です。要はどんなオリパでも店側が必ず儲かるようになっています。これは当たり前のことになるのですが、やはり大前提になってきます。

 

とはいえ、普通に買うよりは安くカードが手に入るということは多いです。

 

例えば買取が500円、販売価格が700円のカードがあったとして、普通に売った場合は利益が200円になります。

 

しかしこのカードを650円分に換算してオリパに使ったりする、ということは多いです。普通に売るよりも利益率は少ないように設定されています。

 

次にイベント・集客目的ですが、結構大きなオリパや企画物を作れば、Twitterなどで宣伝する材料になります。こうした企画を集客目的に使うという店も多いと思います。

 

ただ、こうした話はあくまでも優良店においての話です。

 

実際には、明らかに当たりが入っていないガチャガチャを運営している店や、利益を異常に設定している店も多いです。

 

お店として存在していれば、明らかな不正をしていればその店に責任がつきます。不正が噂されるような店には近づかないようにするのが一番ですね。

 

 

 

店舗のオリパはこういう形で作られています。私が働いていたときは、100の価格に対して85の中身を目安に作ったりしていました。

 

必ず買えば良いのが当たる!といオリパはなかなか無いということですね(笑)。

 

ただし、私が働いていたときは、お正月に売るオリパだけはほとんど利益なしで販売していました。お正月はチャンスになってくるかもしれませんね!

 


 

ネットで売られてるオリパって???

 

BASE

 

最近はインターネットでオリパが販売されているのをよく目にしますね。

 

Twitterでも、「オリパ屋」という名目で販売しているアカウントを多く見かけます。

 

これらのオリパ屋というのは実際のところどうなのでしょうか?

 

ネットで販売されているオリパ屋

・詐欺ももちろん多いので注意

・利益を取らないなんて理想的なものはない

・信用できるかどうかが最重要

 

こうしたインターネットで販売されているオリパなのですが、もちろん詐欺も横行しています。

 

最近はBASEなどのサービスを用いれば、誰でも簡単に商品の売買ができます。その分、危険性も存在するということです。

 

さらに、こうしたオリパ商材は詐欺が疑われいてもなかなか問題が顕在化しにくいという特徴もあります。

 

当たりが絶対に入っていないとしても、その確実な証拠は存在しないからです。

 

Twitterで誰かが詐欺被害を報告しても、なかなか全体には伝わりにくいのも現状です。

 

 

 

また、必ず利益は取られます。個人でやってるから利益は取らないという言葉を使う人もいますが、利益は必ず取っているというのは、冷静に考えれば分かることだと思います。仮に赤字のオリパがあったとしても、その分は次回以降に回収されるということになるでしょう。

 

 

 

こうしたインターネットでのオリパにおいて一番重要になるのはお店自体の信用になると思います。こういうことを書くと、新しくオリパショップを作ろうとしている人には厳しく聞こえると思いますが、正直新しくできたオリパショップはそもそも怪しすぎます。

 

かなり昔からやっていて、多くのファンがいるようなところで初めて信用できるオリパショップと言えるのだと思います。(もちろんそれでも詐欺のような被害を受ける可能性は否定出来ないのですが)

 

やはり個人のインターネットでのオリパはなかなか危険性が伴うのでおすすめできはしないですね…

 


 

まとめ

 

こうしたオリパというのは、ここ最近で増えてきているように思えます。

 

遊戯王カードの一部レアリティが高騰し続けていることや、汎用カードでも3000円や5000円といった高額になっていることから、オリパとして射幸性の高い商品になってしまうことが原因にありそうです。

 

有名なYoutuberの方たちもオリパをネタにして動画を作っていることなどから、ますますこうしたオリパ市場が拡大していることとも思えます。

 

Youtuberの動画を見ていると自分もオリパを買えば高いカードが当たるように思ってしまいますが、決してそうはならないのでご注意です!(笑)

 

オリパというのも遊戯王の楽しみ方の1つではありますが、あくまでも慎重に楽しんでいきたいですね!

 

それでは次回もお楽しみに!