【遊戯王 高騰】『神剣-フェニックスブレード』剛鬼に採用されて高騰開始!!!

【遊戯王 高騰】『神剣-フェニックスブレード』剛鬼に採用されて高騰開始!!!

 

皆さんこんばんは!

 

今回は、神剣-フェニックスブレードの価格変化をお伝えしたいと思います!

 

それでは詳しく見ていきましょう!

 


 

神剣-フェニックスブレード

 

装備魔法

 

戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、このカードを自分の墓地から手札に加える。

 

戦士族強化の装備魔法です!

 

装備したモンスターの攻撃力が300ポイントアップするという効果。

 

さらに、自分の眼インフェイズに、自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外することで、このカードを墓地から手札に加えることができます。

 

一見するとどこが強いのか???というカードではありますね。

 

最近使われている理由などは最後の考察にまとめていきます!

 

収録は、ストラクチャーデッキ-戦士の伝説-ストラクチャーデッキ-戦士の伝説-です!

 

最後に収録されたスターターデッキでさえ、2005年発売のものですので、非常に古いカードということになりますね!

 

それでは価格変化を見ていきましょう!

 


 

価格変化・買取情報

 

ここ30日の価格変化はこのようになっています!

 

 

本日に価格が高騰しておりますね!

 

元々が安いのですが、30円近く高騰しているということになります。

 

買取情報もまとめてみました!

 

 

 

 

↑100円

 

 

 

 

↑200円

 

 

買取価格は100円から200円という感じですね!

 


 

まとめ

 

買取価格も高く、やはり高騰しているというのが分かります。

 

原因は、剛鬼で採用されていることにありそうです。

 

剛鬼は戦士族のテーマです。

 

戦士族強化の代表的なリンクモンスターである、聖騎士の追想 イゾルデも採用しているケースが多いです。

 

聖騎士の追想 イゾルデ

 

光 / 戦士族 / リンク / 効果 / ATK 1600

LINK-2 左下 右下

 

戦士族モンスター2体 
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。 
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果を発動できない。 
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。 
墓地へ送った数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

リンク召喚時にデッキから戦士族モンスターをサーチし、さらにデッキから装備魔法を墓地へ送ることで、墓地へ送った数と同じレベルの戦士族モンスターを特殊召喚できます。

 

この装備魔法の枠に、神剣-フェニックスブレードが使われるようです。

 

確かに、自ら墓地から手札へと戻ることができ、単純に戦士族の攻撃力を300ポイントアップさせるというのは、デッキコストとしては優秀とも言えます。

 

イゾルデの(2)の効果では、同名カードは1枚までしか選択できないので、複数の無駄にならない装備魔法を使用するとなると、こういうチョイスになるみたいですね!

 

また、剛鬼自体は、最近は閃刀姫と組み合わせたり、トロイメアと組み合わせたりもしている人気テーマになってきています。

 

今後の剛鬼の活躍が増えていけば、神剣-フェニックスブレードの相場も高くなっていきそうです!

 

絶版カードではありますが、採用枚数が必ず1枚であるということを考慮すると、高騰していくとしても500円あたりが限度になるんじゃないでしょうか…?

 

今後の活躍から眼が離せませんね!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

 

神剣-フェニックスブレードの購入はコチラから!