【遊戯王 最新情報】【過去記事】『竜魔導の守護者』 2月21日発売のVジャンプ4月号の付録カード考察!

*この記事は過去記事に指定されています。当時の情報としてお楽しみください!

皆さんこんばんは!

世間では、昨日についに発売したレアリティコレクションの話題で持ちきりですね!

しかししかし、この2月には遊戯王の最新商品の発売予定が溢れかえっております。

まずは、2月21日に発売されるVジャンプ4月号の情報を見ていきたいと思います!

今回のVジャンプには、竜魔導の守護者が付録として登場します。

それでは詳しく見ていきましょう!


竜魔導の守護者

闇 / ドラゴン族 / 星4 / 効果 / ATK 1800 / DEF 1300

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

まず、効果の制約があります。(1)、(2)、の効果は、それぞれ1ターンに1度しか発動できません。

さらに、このカードの効果を使用するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できません。

特に、2つ目の制約は、リンク召喚最盛期の現在の環境では使いづらいという印象を受けますね…

(1)の効果は、召喚・特殊召喚に成功したときに、手札を1枚捨てることで、デッキから「融合」通常魔法、または、「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加えます。

手札コストはかかりますが、様々な融合魔法をサーチすることができる融合デッキでは非常に嬉しい効果です。

(2)の効果は、EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せることで発動でき、そのモンスターにカード名が記載されている融合素材モンスターを1体、自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚します。

モンスターを墓地から蘇生できる強力な効果ではありますが、裏側守備表示でという制約がなんとも使いにくそうな感じがします。

効果の考察をしてみましたが、いまいちパッとしない効果というのが否めない感じです。

ただ、任意の融合魔法をサーチできるのは、デッキによっては非常に強力な効果になります。

ネット上では、影依融合をサーチできるため、シャドールと相性が良いとも評価されています。

融合デッキでは、採用される可能性が高いですが、デメリットと見合わせて考えれば、どのくらい採用されるかどうかははっきりとは言えないところですね。

なんだかんだ実力未知数という感じのカードです。


予約は…?

デッキに投入したい!という方は、予約した方が良さそうです。

争奪戦ほどに加熱することはないと思われますが、確実に受け取れるようにしておきたいですね。

近くの書店に相談するか、Amazonの予約が便利です。

↑Amazonの予約画面はコチラ!

可能性が感じられるカードですので、後々の高騰に気をつけて、少なくとも1枚は確保したいところですね!

それでは次回もお楽しみに!