【遊戯王 高騰】 雪花の光 初動から高騰!!! 大会での採用もあり需要増加か?!?

【遊戯王 高騰】 雪花の光 初動から高騰!!! 大会での採用もあり需要増加か?!?

 

皆さんこんばんは!

 

今回は、雪花の光の価格情報をお伝えしたいと思います!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 


 

雪花の光

 

通常魔法

 

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動出来る魔法カードです。

 

発動時に(1)の効果を処理して、デッキからカードを2枚ドローします。

 

ただし、このカードの発動後、自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動することができません。

 

また、(2)の効果では、墓地のこのカードを除外することで、手札のモンスター1体を相手に見せて、デッキに戻しシャッフルし、その後デッキから1枚ドローします。

 

制約がありますが、強欲な壺+αな効果を持っている強力な魔法カードですね!

 

魔法・罠カードの発動制約は、「雪花の光」以外の発動を封じるものなので、必然的に雪花の光以外の採用ができなくなります。

 

ただし、1デュエル中に1回などの制約はないので、雪花の光自身は3枚採用することが可能です。

 

また、(2)の効果も見逃せませんね!

 

墓地から除外することで、手札のモンスター1体をリロードできます。

 

不要なモンスターをデッキに戻してドローしたり、また、相手に見せる必要があるので、手札誘発モンスターをあえて相手に見せてデッキに戻すことで、心理戦を仕掛けるなどのプレイングが出来そうです。

 

収録は、この前発売されたばかりのフレイムズオブデストラクションノーマルです!

 

それでは価格を見てみましょう!

 


 

価格変化・買取情報

 

発売後からの価格変化はこちらです!

 

 

最初はグラフが高い状態ですが、落ち着いてからの値動きを見ると、初動から緩やかに高騰しているのが分かります!

 

発売後にじわじわと需要を伸ばしているのが分かりますね!

 

買取情報もチェックしてみましょう!

 

 

 

 

↑買取100円

 

店舗の買取情報自体少ないのですが、店によっては100円の買取がついています!

 

墓穴の指名者と同じ単なるノーマルですが、100円玉になるとはうれしいですね!

 


 

原因&考察

 

言うなれば、初動が低すぎたカードなのではないでしょうか?

 

彼岸や、海皇水精鱗などのデッキでは、雪花の光以外の魔法・罠を全て抜いて、雪花の光を3枚積む構築などが登場しています。

 

展開が魔法・罠に依存しないデッキであれば、比較的簡単に採用することが出来そうです。

 

また、最近は手札誘発がかなり充実しているので、魔法・罠による妨害がなくても、手札誘発カードで代用できるので、構築にもあまり困ら無さそうですね!

 

まだ目立つ入賞はしていませんが、今後雪花の光を採用したデッキが有名な大会などで優勝したりすると、高騰にも火がつくかもしれません!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

 

雪花の光の購入はコチラから!