【遊戯王 高騰】 竜の霊廟 まだまだ高騰! どこまで高くなる…?

【遊戯王 高騰】 竜の霊廟 まだまだ高騰! どこまで高くなる…?

 

皆さんこんばんは!

 

今回は、竜の霊廟の価格変化をお伝えしたいと思います!

 

竜の霊廟は、最近価格が上がっているカードです!

 

1週間ほど前にも記事にしてしました!

 

1月2日での竜の霊廟の記事はコチラ!

 

しかし、その時よりも状況がすこし変化してきたので、また記事にしてお伝えしていきたいと思います!

 


 

竜の霊廟

 

通常魔法

「竜の霊廟」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
さらにこの効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 

ドラゴン族モンスターを、通常モンスターも含めるなら2体墓地へ送ることができる、強力なドラゴン族専用墓地肥やしカードです!

 

回数制限こそありますが、墓地蘇生や、リソースとしてなど、様々な用途に使うことができる、万能な墓地肥やしです!

 

ドラゴン族という種族も、墓地利用が得意なので、非常に使いやすいカードですね!

 

最初の収録は、ストラクチャーデッキ-青眼龍轟臨-のスーパーレアです!

 

このストラクは、絶版となった直後に青眼の大幅強化が始まったため、一時期は未開封の箱で4000円ほどしていたという伝説のストラクです。

 

それでは、価格変化をチェックしてみましょう!

 


 

価格変化・買取情報

 

ここ30日の、竜の霊廟の価格変化はコチラです!

 

 

この3日間あたりで、さらに価格が高騰しています!

 

カード検索の相場ではついに500円を超えてきました!

 

次に、買取情報をチェックしてみました!

 

 

 

 

↑買取500円

 

 

 

 

↑買取400円

 

 

 

 

↑買取400円

 

店舗の買取価格も、さらに1段階高騰しています!

 

前までは、300円買取がベースでしたが、恐らく現状は300円では買取が来ないため、400円買取の店が増えてきています。

 

また、高いところでは500円買取しているみたいですね!

 


 

原因&考察

 

前回の記事のときは、平均的な買取価格が300円あたりでしたので、相場がこの1週間で100円以上は上がったと考えられます。

 

2018年1月の新制限が施工されて、1週間とすこしが経ちますが、竜の霊廟を採用したデッキの入賞が思ったより多くなっています。

 

そのため、自分のデッキにも採用を検討しようとしている人たちによって、需要が高まっていると考えられます。

 

覇王魔術師植物リンクDDセフィラ青眼などに採用されているので、現在環境を争うデッキの半分ほどに採用されていることになります!

 

青眼デッキでは採用するのはもちろんなのですが、他のデッキでは覇王眷竜ダークヴルム亡龍の戦慄-デストルドーを墓地へ落とす役割で使われております。

 

覇王眷竜ダークヴルム

 

闇 / ドラゴン族 / ペンデュラム / 星4 / ATK 1800 / DEF 1200 

【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかP召喚できない。
【モンスター効果】
「覇王眷竜ダークヴルム」の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

亡龍の戦慄-デストルドー

 

闇 / ドラゴン族 / チューナー / 効果 / 星7 / ATK 1000 / DEF 3000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

 

どちらのモンスターも、墓地にいるときに条件を満たせば自己蘇生することができます。

 

リンク召喚や、シンクロ召喚に竜の霊廟1枚から繋げることができるため、幅広いデッキで採用されているようです。

 

この状態まで来れば、竜の霊廟は今環境の主役級のカードとも言えそうですね!

 

需要が高まり続ければ、800円あたりの相場を超えてくるかもしれません。

 

スーパーレア3枚を集めておきたいところですね!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

 

竜の霊廟の購入はコチラから!