CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
最新の記事
相互リンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク

profilephoto
遊戯王ランキングでこのブログを応援!
にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村
CATEGORIES

スポンサードリンク

MOBILE
qrcode

スポンサードリンク

<< 【遊戯王 高騰】 墓穴の指名者 初動より高騰! 思ったより高評価だ!!! | main | 【遊戯王 高騰】 トリックスター・ライトステージ 価格はこのあたりで高止まりか…? 450円超えで推移! >>
【遊戯王 高騰】 螺旋のストライクバースト 高騰の兆し!!! レアコレの海外新規の影響!!!
0

     

    皆さんこんにちは!

     

    今回は、螺旋のストライクバーストの価格変化をお伝えしたいと思います!

     

    それでは、詳しく見ていきましょう!

     


     

    螺旋のストライクバースト

    通常魔法

     

    (1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
    ●自分フィールドに「オッドアイズ」カードが存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
    そのカードを破壊する。
    ●デッキのモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、レベル7の「オッドアイズ」モンスター1体を選んで手札に加える。


     

    オッドアイズの強化魔法です!

     

    自分フィールドに「オッドアイズ」カードが存在する場合にフィールドのカード1枚を破壊するか、デッキ、もしくはエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、レベル7の「オッドアイズ」モンスター1体を手札に加える効果を持っております!

     

    2つの効果から状況に合わせて選べるというのが便利ですね!

     

    収録は、20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEのシークレットパラレルレアです!

     

    それでは、価格変化をチェックしていきましょう!

     


     

    価格変化・買取情報

     

    ここ30日での価格変化はこちらです!

     

     

    本日に高騰の兆しが出ているのが分かります!

     

    このカードに対する注目が大きくなっているのが分かりますね!

     

    買取情報もチェックしていきたいところですが、まだ買取情報を宣伝しているショップはないようです。

     


     

    原因&考察

     

    注目されている原因は、来月発売のレアリティコレクションにありそうです。

     

    海外で登場している、オッドアイズ関連の新規カードが、レアリティコレクションで登場するからです!

     

     

     

    オッドアイズ・アーク・ペンデュラム・ドラゴン


    星7 / 闇属性 / ドラゴン族 / ペンデュラム / 通常 / 攻 2700 / 守 2000

     

    【P効果 青8/赤8】
    「オッドアイズアークペンデュラムドラゴン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
    :自分の「オッドアイズ」カードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

     

    オッドアイズの通常モンスターです!

     

    P効果も非常に優秀で、攻撃力も高く、スケールの数値も優秀という、オッドアイズの大きな強化に繋がるモンスターです!

     

    まだ未確定ではありますが、来日がレアリティコレクションになるのはほとんど間違いないです。

     

    そこで、オッドアイズの専用魔法である、螺旋のストライクバーストに注目が集まっているみたいです。

     

    恐らく、KONAMIから正式に収録が発表されれば、今以上に注目が集まっていくと思われます!

     

    今後の価格情報に期待ですね!

     

    それでは次回もお楽しみに!

     

     

    螺旋のストライクバーストの購入はコチラから!

    | 遊戯王 相場情報 | 13:09 | comments(0) | - |

    コメント
    コメントする